新聞折込の料金を左右する要素

subpage01

新聞などに挟まっている広告は新聞折込と呼ばれており、広告会社などが新聞会社に依頼して挟んでもらうという仕組みになっています。


全国紙や地方紙など色々あり、広告会社もターゲット層がいる地域を限定して折込を依頼するようにするようにしており、販売戦略やPRという意味ではポスティングよりも大きな効果を持っているとして期待されています。そんな新聞折込に関しては当然依頼する際には料金が発生するようになっており、料金設定としては部数によるものや折込をする新聞社の規格、チラシのサイズなどによっても異なっています。また、特に利用するエリアによっては同じ新聞社であっても料金が異なっていると言うこともあるので、幅広いエリアにばら撒くよりも的確なエリアを定めて新聞折込を利用する方がコストとしても安定して利用できるようになっています。


では実際にはどのような料金設定になっているのかと言うと、1枚数円から始まっているところが多いので100部依頼すれば数百円から数千円程度となっています。


こうして考えるとそこまで高くないと思われがちですが、これはあくまで1日での計算となっているので毎日もしくは隔月、不定期で利用するとなると利用した日数分の計算で検討する必要が出てくるわけです。そのためどの程度の期間新聞折込での宣伝を利用するのかというところも含めて計算することが大切になっており、短期決戦か長期決戦かなども検討することが必要になります。

最近何かと話題の五反田の会議室の喜びの声を頂いています。

会議室の東京ついて詳しく説明しているサイトです。

東京で貸し工場について知りたいならこちらです。

新聞で建設を理解するために必要な基礎知識をわかりやすく紹介します。

埼玉の貸し倉庫について紹介している良質なサイトの情報はこちらです。

https://oshiete.goo.ne.jp/qa/2859378.html

http://www.nikkei.com/article/DGXMZO90709500Z10C15A8000000/

https://allabout.co.jp/gm/gc/440291/

関連リンク

subpage02














新築一戸建てでより良く住まうということを

人が人生をより豊かに生きるためには、いかに住まうかということが重要です。それは人にとって住空間が心のよりどころであり、日々の活力の源であり、癒しの場であると言えるからです。...

NEXT
subpage03














折込チラシは費用対効果が高い

折込チラシと言う広告媒体は昔からありますが、今尚大きな影響力を持っています。テレビやインターネットなど様々な広告媒体が発達してきた中でも、大きな広告効果が認められています。...

NEXT